Arch Linux を Dell XPS 13(2015)へインストールする

Posted on March 17, 2015

経緯

Dell XPS 13を購入した.(とてもうれしい) 早速Arch Linux をインストールすることにしたが、配布されている ISO イメージでは,無線LANが認識されなかった. そのためドライバがインストール済みのISOイメージを作成することにした.

必要なドライバの確認

lspciコマンドで無線モジュールを確認する。

# lspci
...
02:00.0 Network controller: Broadcom Corporation BCM4352 802.11ac Wireless Network Adapter (rev 03)

調べたところ、BCM4352broadcom-wl-dkms(AUR) を利用することで利用できるらしい。こいつを予め導入したインストールイメージをつくる。

ISOイメージの作成

Archiso(Arch Wiki)に則って インストールイメージを作成する。 その際に、以下の変更を行った。

yaourtを使うため、pacman.confの末尾に以下を追加

[archlinuxfr]
SigLevel = Never
Server = http://repo.archlinux.fr/$arch

packages.bothの末尾に以下を追加

linux-headers
dkms
fakeroot
yaourt

airootfs/root/customize_airootfs.shに以下を追加

# root で yaourt が実行できないのでユーザー権限で実行
sudo -u arch yaourt --noconfirm -S broadcom-wl-dkms

Install

UEFI環境でSecure Bootを有効にしたまま起動するとHash Toolが起動する。 その時はArch Wikiの Unified Extensible Firmware Interface の通りの手順を踏むと起動できる。

これで無線LANが有効になった状態で起動できるので、wifi-menu等で無線LANに繋いで通常のインストール手順をふめばよい。

問題点

スピーカーから音が出ない。 こことかを見る限り、いまのところ根本的な解決はないらしい。続報に期待

https://github.com/mpalourdio/xps13 を参考にカーネルのブートオプションにacpi_osi="Windows 2013"を追加し、数回再起動したところスピーカーから音が出るようになった。

変更後のgummibootのエントリは以下のようになった。

title	Arch Linux
linux	/vmlinuz-linux
initrd	/initramfs-linux.img
options	enable_rc6=1 enable_fbc=1 lvds_downclock=1 pcie_aspm=force psmouse.resetafter=0 acpi_osi="!Windows 2013" root=/dev/sda7 rw

5/24追記 BIOS A02 以降からはacpi_osi オプションを指定しなくてもスピーカーが有効になるようになった。


comments powered by Disqus